ようこそ、XFREE掲示板へ! 新規登録   ログイン
【2019/08/13】超大型台風10号 総雨量1000ミリ超のおそれも
#1

(最終更新: 08-13-2019, 06:08 PM by News.)

【2019/08/13】超大型台風10号接近 総雨量1000ミリ超のおそれも 早めの備えを(NHK)


   


超大型の台風10号は、14日から15日にかけて暴風域を伴って強い勢力で西日本に接近し、上陸するおそれがあります。猛烈な雨や風、しけとなるほか、降り始めからの雨の量が多いところで1000ミリを超える大雨となるおそれがあり、気象庁は早めの備えを呼びかけています。

 気象庁によりますと、超大型の台風10号は、13日午後3時には鹿児島県の種子島の南東490キロの海上を1時間に15キロの速さで西北西へ進んでいます。台風は今後、発達して強い勢力となり、14日から15日にかけて暴風域を伴って西日本に接近し、上陸するおそれがあります。
 西日本と東日本の太平洋側ではこれから非常に強い風が吹き、九州南部では14日にかけての最大風速が30メートル、最大瞬間風速が45メートルと猛烈な風が予想されています。また、海は広い範囲で大しけとなり、四国ではあすにかけての波の高さが10メートルと猛烈にしける見込みです。
 暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本と東日本の太平洋側ではこれから非常に激しい雨が降り、14日以降は台風本体や周辺の雨雲がかかって猛烈な雨が降るおそれがあります。

14日昼までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで
▶︎東海で300ミリ
▶︎近畿と四国、九州南部で200ミリ
▶︎九州北部で150ミリ
▶︎奄美地方と沖縄地方で100ミリと予想されています。

その後、15日昼までの24時間には
▶︎四国で800ミリから1000ミリ
▶︎近畿で400ミリから600ミリ
▶︎東海と九州北部と南部で300ミリから500ミリ
▶︎中国地方と奄美地方、関東甲信で100ミリから150ミリの雨が降る見込みです。

 さらに、台風が通過した後も湿った空気の影響で雨が降り続き、降り始めからの雨量は多いところで1000ミリを超える大雨となるおそれがあります。
 お盆休みの期間中に大荒れの天気となる見込みで、暴風や高波、高潮に加え、雨量が多くなる地域では土砂災害や浸水、川の氾濫の危険性が非常に高まるおそれがあります。
 気象庁は最新の台風情報を確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/2019081...s-main_004
引用返信


文字のみで返信する


ページ移動:


Theme © iAndrew 2016 - Forum software by © MyBB